人気の施工や設備工事関係の会社について

>

建築現場の労働環境

建築業界の求人

建築業界の市場拡大と社会の少子化もあって建築業界は人手が不足しています。
建築業界の有効求人倍率は高く、四、五倍もあります。この倍率は、一人の求職者に対して求人が四、五件あるということになります。
なので、女性だけではなく、外国の人や高齢の人など、年齢性別国籍問わず多くの人を対象に求人を募っています。

経験者の方が優先的に採用されるのは、基本的にどこの仕事場であっても同じですが、未経験者であっても採用されます。
大手の建築会社の場合、仕事がたくさんあるので、その分、人手が要ります。なので、一定数の雇用を毎年行っています。
大手に企業に就職した人の中には、仕事をすぐに辞めてしまう人もいるので、通年で求人を募集しているところもあります。

建築業界の需要

建築業界の市場規模は約五十兆円にもなり、これは高齢化で増えている医療介護の市場規模と同じくらいになります。
復興事業や都市開発などで、建築業界は成長していっています。

道路やトンネル、駅や空港、ダムに堤防、ビルや学校、病院など建築の仕事は、人々が生活していく上で必要なものを作り上げます。
なので、建築の需要は必ず、一定数が保たれています。

建物は完成したときから、劣化が始まります。トンネルや橋などは、建て終わった後も安全に使用できるように定期的に点検をして、場合によっては補修工事を行います。なので、一度建ってしまったら仕事がなくなるわけではありません。
また、経年劣化だけではなく、地震や台風などの自然災害や火災などによる復旧作業など、建築の需要は多くあります。


この記事をシェアする

トップへもどる