人気の施工や設備工事関係の会社について

>

建築の仕事の受注から設計と施工までの流れ

施工業務について

施工は設計図を基にして、建築物などの工事を行って作り上げることです。

建築に関係する業種の業種区分は二十九種類あり、建築法上で一式工事が二種類、専門工事が二十七種類に分けられます。
施工で行う業務は多岐にわたり、力が要る仕事ばかりではありません。大きなものを作るとなるとたくさんの専門の人の手が必要になります。
施工は一社だけで行うわけではなく、それぞれの専門としている中小の業者に依頼して施工します。携わる職人の種類は百に及ぶとも言われています。
建設現場は、他の業種と多重構造とが入り乱れるのが特徴です。

施工では、建物の建築だけではなく、建っていた建物の解体や地面の掘削に杭打ち、作業するための足場の組み立てなど施工の仕事はたくさんあります。

設備工事について

学校や病院などの施設はもちろん、マンションやビルなど人が生活していく中で、電気や水道などの設備は必要不可欠です。
部屋の中を照らす電灯や過ごしやすくするための空調設備、飲み水やトイレなどの上下水道の配管などなど、建物を建て終わってからもたくさんの仕事があります。

設備工事は建物の中の設備だけではなく、外でも外構工事や造園工事があります。
外構工事は、建物から道路までの道の整地や周りへの排水設備の設置などを行います。
造園工事は、植林や植栽を行って建物の周りのみどりを整え、敷地内の植樹の他に、植樹した植物の剪定や移植、整姿などの管理も行います。
なので、建物の建築が終わった後も継続して、時間をかけながら作り上げていく仕事になります。


この記事をシェアする

トップへもどる